« レビトラのジェネリック薬にはどれほど効果があるのか | ジェビトラの効果と副作用と気になる注意点 »

2017.08.21

バリフの効果と副作用と気になる注意点
バリフはレビトラのジェネリック薬の数種類ある中のひとつです。
どんな効果があるのか、どんな副作用が考えられるのか、服用する際の注意点なども合わせてご紹介します。
安心して飲むためには知っておいてもらいたいお話です。

バリフの効果を徹底調査

主成分はレビトラと同じなので、効果の出方もほとんど同じです。
主成分のバルデナフィルは水溶性なので水に溶けやすいという性質を持っています。
そのため、体の中に浸透しやすい、イコール効果が早めに出やすいという一面があるので、初めてED治療薬を服用する方にも人気があります。
主成分は男性器の血流を促す作用をもたらすため、性的興奮を感じた場合に勃起しやすい敏感な状況に導いてくれます。

ちょっと気になる副作用の話

血管を拡張させる作用があるため、神経が敏感になります。
その結果として頭痛が起きたり、動悸や消化不良などを感じることもあるようです。
血管が広がるため血圧の低下もありますから、日ごろ低血圧を感じている方はめまいやふらつきを感じることがあるかもしれません。
副作用は服用した男性のおよそ9割に出るといわれているため、薬の効果が切れるころに症状が治まるのであれば問題はないでしょう。
症状の出方は人それぞれですが、それほど酷いものではありません。
もちろん、体調や体質によって症状に違いがありますから、自分の中でつらいと感じた場合は無理をせず病院で診察を受けましょう。

服用するならここに注意しよう。

ED治療薬だけではありませんが、薬を服用するときは用量を守ることが大切です。
バリフは一日1錠までが限度で、なおかつ前回服用したら24時間空けなければいけません。
これを守らなければ副作用が強く出てしまうので必ず守りましょう。
また、心臓病や高血圧などで日ごろ薬を飲んでいる方は、バリフの服用は薦められません。
そのほか常飲している薬がある場合も、薬の飲み合わせのこともあるので主治医に必ず相談をしてください。


ed治療薬を知らない悩みだらけの男性
  • 最近の記事

  • ページ

  • カテゴリー

  • アーカイブ